ノベルティーの効果を高める工夫

ノベルティーは自社名や商品・サービス名等を刻み込んだ商品を、広く配布する事で会社や商品・サービスの認知度を高め、さらに販売増に結びつけることを目的としたマーケティング手法の一つです。単に認知度を広範に広めるために行われるものとして、街で配布されているポケットティッシュもノベルティーの一種と言えます。こうした認知度を上げるだけでなく、もう一歩踏み込んで具体的な商売に結びつけるためには、ノベルティーの配布方法やその品物に工夫する事が大切です。業界の展示会で、カタログ等と共にノベルティーを配布する際には、その展示会に訪れる人達の属性を配慮した品物を選定し、また名刺と交換で配布されるケースが多いのはこの工夫の一つの例と言えます。

名刺と交換で配布する事で、後日頂いた名刺を分析し、見込み客と思える人を選定し、そうした人に対してフォローの電話を掛け、自社の商品やサービスに興味があるなら、訪問して商談する等の販売活動に結びつける事が出来る様に工夫しているのです。こうした手法は、マンションのモデルルームの見学会での実施されている例が見られます。モデルルームの内覧者に、家庭の主婦が喜ぶ食器洗剤等をノベルティーとして配布し、その際に連絡先を書き込んだアンケートを書いてもらい、同様に見込み客を選定し、販売へと結びつけるフォローを行う様に工夫しているのです。同じ費用を掛けて配布するなら、こうした工夫をする事で、認知度アップだけでなく、より販売増に結びつけられる工夫をすべきと言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *