食べ物のノベルティはメリットが多い

贈り物に選ばれる物の中でも、洗剤や食品のようないわゆる消え物はしばしば好まれますが、不特定多数に向けて配布するノベルティもこうした物が便利かもしれません。現在はさまざまな品物に企業名などの名入れができたり、オリジナルデザインの装飾が施せるようなサービスも充実していますが、モバイルバッテリー矢も携帯型の扇風機は値が張ってしまったり、もらう側が遠慮するような気持ちになる場合があります。また、低コストで大量配布を前提としている場合でも、人によってはエコバッグの様なリユースできる物はいくつも持たなくていいと考えている可能性があります。その点、形が残らない食品は受け入れられやすく、実用的に食べてもらえるというメリットがあるのです。

こうした食べ物のノベルティは、オリジナルで名入れができる物もありますが、包装に工夫をすることで既製品を活用することが可能です。既製品を使う場合は特注するよりロットの調節がしやすく、箱や包装紙といった物は他の品物にも使えることがメリットといえます。また、クッキーやおせんべいなどに社名やアドレスのQRコードを印刷した物は、予算が十分にあって大量に配布する予定がある場合に適していますが、割れやすいため破損のリスクはあります。しかし、個包装の食品であれば社内での消費も可能なので、配布時に破損が生じても食品自体のロスは減らせるでしょう。

食品をノベルティにする場合は、賞味期限と破損に注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *